香りのメカニズム ③皮膚からのルート

皮膚から血流にのって全身へ

芳香成分は分子が小さいため、皮膚の奥にある毛細血管にまで浸透することができます。そして毛細血管を流れる血液にのって、全身の筋肉や各器官に運ばれます。

ボディートリートメントによるプロセス

トリートメントで使用するのが、精油を調合した植物油になります。そのトリートメントオイルを使用して皮膚に摩擦を起こしながら塗布していくうちに、皮膚が擦れあうことで発生する熱でさらに精油の芳香成分が皮膚の表皮から真皮、皮下組織と下へ下へと浸透します。やがて皮下組織にある毛細血管へ到達し、血管壁を通り抜け血流にのることができるのです。

通常、皮膚組織はバリア機能が備わっているので、外部からの物質が透過しにくい性質があるのですが、精油の分子は、非常に分子のクラスターが細かいので、表皮を通過することができ作用が働くのです。

血流に乗った分子は、全身を巡り、血行促進し老廃物を体外へ排出したり、全身の機能を活性化させてくれるのです。