ティー・トゥリー

オーストラリアの先住民であるアボリジニが、この木の葉をお茶にして飲んでいたことから、ティー・トゥリー(Tea Tree)と名付けられました。

また、アボリジニは、傷や感染症を治す万能薬として利用していたといいます。殺菌・免疫力アップに優れ特にインフルエンザなどのウイルス対策には必然の精油と言えます。

 

データ

学術名 Melaleuca alternifolia
科名 フトモモ科 メラルーカ属
主となる産地 オーストラリア
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
BF
ノート トップ~ミドル

香り成分

モノテルペンアルコール類 テルピネン-4-オール(35~40%)
モノテルペン炭化水素類 α-テルピネン(5~10%)
Γ-テルピネン(15~25%)
オキサイド類 1.8-シネオール(~5%)

主要成分はモノテルペンアルコール類のテルピネン-4-オールで、抗ウイルス・抗菌・抗真菌・抗炎症作用などがあります。α-テルピネンや、Γ-テルピネンにはうっ滞除去作用があります。

作用・効能

心への主な作用

疲労回復・リフレッシュ・精神の強壮

身体への主な作用

風邪・インフルエンザ・ヘルペス・口内炎・血行促進・免疫強化・喉や鼻の感染症や炎症

肌(皮膚)への主な効能

火傷・湿疹・ニキビ・おでき・化膿して膿の詰まった肌に・良性のいぼ

注意事項

肌に刺激を感じることがありますので、敏感肌の方はご注意ください。