ベンゾイン

お菓子で使うバニラのような、甘い濃厚な香りがするベンゾインは、別名を「安息香」と言います。名の通りで、呼吸を楽にすることで知られています。日本ではお香の材料として使用されることが多いです。

古代では、フランキンセンス(乳香)やミルラ(没薬)と共に、宗教的な儀式の薫香として使われていました。また、悪霊を追い払う香りとしても使われていたそうです。

データ

学術名 Styrax benzoin / Styrax tonkinensis
科名 エゴノキ科
主となる産地 ラオス、タイ、インドネシア
抽出部位 樹脂
抽出方法 揮発性有機溶剤抽出法(アブソリュート)
BF 1~2
ノート ベース

香り成分

アルデヒド類 バニリン(微量)
エステル類

安息香酸エステル10~35%、
桂皮酸エステル20~80%

産地や種類によって、精油の芳香成分の種類や含有量が変わってきます。

作用・効能

心への主な作用

緊張・ストレス・イライラなどに有効的。鎮静作用により、緊張や不安、孤独感、喪失感などを和らぎ、心を落ち着かせる効果があります。

身体への主な作用

鎮静作用があり、血圧を下げる働きがあります。また、去痰、抗炎症作用があり、呼吸器の不調を和らげます。また、蒸気を吸収すると、過剰な粘液や痰を排出しやすくなり、喉の痛みを和らげます。

肌(皮膚)への主な効能

癒痕形成作用があるので、傷ついた肌や乾燥肌、老化肌、あかぎれやしもやけ、ひび割れなど、乾燥による傷を和らぐ効果があります。

注意事項

妊娠初期の使用は避ける。香りが強いので少量の使用にしてください。