プチグレン

Petitgrainはフランス語で《小さな粒》という意味です。もともとはこの小さな粒のような未熟なオレンジの果実から抽出したオイルということから由来しています。枝と葉っぱから抽出するため、若干青臭さがあり少しネロリに似た香りがするのが特徴です。

 

データ

学術名 citrus すらんちうm
科名 ミカン科
主となる産地 チュニジア、スペイン、イタリア
抽出部位 葉、枝
抽出方法 水蒸気蒸留法
BF 2~3
ノート ミドル

香り成分

エステル類 酢酸リナリル(40~55%)
酢酸ゲラニオール(5%)
モノテルペンアルコール類

リナロール(20~30%)
αテルピネオール(2~10%)

セスキテルペン炭化水素類 βカリオフィレン(5%)

 

心への主な作用

とっさの出来事で驚いたり、感情が揺さぶられ動揺した時などにその高ぶりを鎮めてくれます。
副交感神経の働きを高めて自律神経のバランスを調整してくれるので、リラクゼーションに有効的。

身体への主な作用

アレルギー性の鼻炎や風邪予防にも効果的で免疫機能を刺激し、体の抵抗力を高めます。冷え症や疲れなどなかなか解消されにくい時などに、全体の筋肉の緊張をほぐしてリラックス効果をもたらしてくれます。むくみなどの症状にも役立ち、リンパマッサージなどで循環を良くすると有効的です。

肌(皮膚)への主な効能

皮膚組織の活性化で日焼けの後の肌のお手入れにもプチグレンのアロマローションを作って使えば、乾燥してしまった肌への栄養補給をしてくれ肌を守ってくれる効果を発揮してくれます。匂いの気になる夏には、デオドラント効果により消臭対策もできるので夏には大活躍します。

注意事項

車の運転や集中したい時は、使用を避けて下さい。