ネロリ

ヴィクトリア朝時代から重宝されていた高貴な香り。オレンジの花から抽出される精油は大量の花から少ししか採油できないので、これもローズなどと同じように高価なオイルの一つです。甘くて気品のある香りは香水としても使われています。

 

データ

学術名 citrus aurantium
科名 ミカン科
主となる産地 フランス、モロッコ、イタリア
抽出部位
抽出方法 冷浸法・水蒸気蒸留法
BF 2~3
ノート ミドル

香り成分

モノテルペンアルコール類 リナロール(30~40%)
ゲラニオール(微量)
α-テルピネオール(微量)
モノテルペン炭化水素類 リモネン(5~15%)
エステル類 酢酸リナリル(5~10%)
酢酸ゲラニル(微量)

主要成分はリナロール、α-テルピネオール、酢酸リナリルですが、3つの有効成分で精神の安定作用があります。

心への主な作用


慢性的な不安感や心が傷ついている時などに、心を落ち着かせてストレスを取り除いてくれる精油です。深くリラックスさせる効果があり、多幸感をもたらしてくれます。

身体への主な作用

ストレスでバランスを崩した自律神経を調整し、心身をリラックスさせる作用があります。ストレスからくる吐き気や緊張性の発汗、口の渇き、食欲不振、胃痛、頭痛、便秘、下痢など、ストレスによる様々な体の不調の改善に役立ちます。

肌(皮膚)への主な効能

細胞成長促進作用があることから、加齢による皮膚トラブルをケアしてくれます。肌の弾力を高め、シミ、くすみなどの予防にも有効的です。妊娠線の予防にも利用されています。

注意事項

鎮静作用が強いので、眠気を誘いますので集中力が必要な時は使用しないで下さい。