サンダルウッド(白檀)

和名は白檀といい日本ではお香に使われ馴染みのある香りです。エジプトではミイラの防腐剤としてミイラの中に入れられていました。現在は絶滅の危機にあるこの植物は、ローズと同様とても高価です。精神を鎮静させることのできるサンダルウッドは、心が安定し温かい気持ちになれます。

学術名 Santalum album
科名 ビャクダン科
主となる産地 インド、スリランカ、マレーシア
抽出部位 心材
抽出方法 水蒸気蒸留法
BF
ノート ベース

香り成分

セスキテルペンアルコール類

αサンタロール(45~60%)
βサンタロール(20~30%)
α-エピサンタロール(~5%)
β-エピサンタロール(~5%)

主要成分はα-サンタロール、β-サンタロールには心臓の働きをよくし、血流を促す作用があります。

作用・効能

心への主な作用

心が温かくなり緊張や不安から解放される。
メディテーションをするときにとても有効的なので、ヨガの瞑想などでもリラックス作用をもたらします。

身体への主な作用

感染症を幅広くケアします。呼吸器系の喉の痛みや咳などにも効果が期待できます。また殺菌消毒作用により、膀胱炎などの泌尿器系の不調の改善にも役立ちます。血液の循環を促す作用がある為、冷え性にも有効です。

肌への主な作用

肌を柔軟にさせしっとりお肌に変身。老化による乾燥肌やひび割れ肌にも有効的。皮脂の分泌を調整する作用があり、脂性肌、乾燥肌の両方に有効です。

注意事項

うつ状態の方は、かえって気持ちが落ち込む可能性がありますので、使用は避けたほうが無難です。妊娠初期の方は使用を避けてください。