ベルガモット

心身をリフレッシュさせる繊細な柑橘系の香り。オレンジやレモンとはまた一味違った香りを楽しめ、香水の原料としても多く利用されています。感染症の予防や緊張をほぐしてくれる特徴があります。


学術名 Citrus bergamia
科名 ミカン科
主となる産地 イタリア、モロッコ
抽出部位 果皮
抽出方法 圧搾法・水蒸気蒸留法
BF 2~3
ノート トップ

香り成分

モノテルペン炭化水素類

リモネン(30~40%)

エステル類 酢酸リナリル(20~30%)
モノテルペンアルコール類 リナロール(10~15%)
フロクマリン類 ベルガプテン(~5%)

主要成分リモネンで気分のリフレッシュ作用が強く、リラックスできる香りです。光毒性のベルガプテンが含まれるのは、圧搾法で抽出された精油になり、水蒸気蒸留法で抽出された精油にはベルガプテンが含まれないベルガプテンフリーの精油となります。


作用・効能

心への主な作用 

交感神経の過剰な活動を鎮めいら立ちを和らげます。不安や気分の落ち込み、神経の緊張などを緩和する作用もあります。

身体への主な作用

消化器系の不調を改善し、泌尿器系にも働きかけることが特徴です。特に、神経系の胃腸のトラブルに優れた効果を発揮します。ストレスによる下痢や便秘、食欲不振、過食にも有効です。

肌(皮膚)への主な効能

疲労などによるストレスで負担をかけたお肌のトラブルに有効的です。ストレスで皮脂分泌が過剰になっている時のニキビ、吹き出物、湿疹、傷、皮膚や頭皮の脂漏といったトラブルも改善します。

注意事項

刺激が強いので、敏感肌の方は使用を控えて下さい。使用直後は、直射日光を避けて下さい。