ローズマリー・シネオール

ツンとするクリアな香りが脳の活性化に有効的。心身の機能を活性化してくれます。
ヨーロッパでは復活の象徴とされていたローズマリーは、エジプトのミイラの中から残骸が見つかったといわれ、その他魔除けとしても使われていたようです。

目が覚めるようなシャープな香りは、頭の働きを明晰クリアにしてくれるほど脳の働きを活発にしてくれます。また、筋肉痛や関節の痛みにも有効です。

データ

学術名 Rosemarinus officinalis
科名 シソ科 
主となる産地 フランス、チュニジア
抽出部位 葉と開花中の花の先端部
抽出方法 水蒸気蒸留法
BF 3~4
ノート ミドル

香り成分

オキサイド類 1.8シネオール(30~50%)
モノテルペン炭化水素類 α-ピネン(10~20%)
β-ピネン(3~9%)
ケトン類 カンファー(5~15%)

主要成分はオキサイド類の1,8-シネオールで、ローズマリーの成分と似ています。その為、抗菌、抗ウイルス、去痰作用などがあり、鼻やのどのトラブルに有効です。


作用・効能

心へ主な作用

脳細胞の活性化に著しく有効的という研究発表を鳥取大学教授がしていることから有名になりました。記憶力をアップし、集中力を高め得てくれます。無気力になってしまったときにも元気を与えてくれ、心を強くしてくれるのが特徴。試験勉強など夜に目覚ましで使用するのは有効的です。

身体への主な作用

特に呼吸器系に有効的で、痰が絡む咳やのどの違和感を去痰作用で鎮めてくれます。また、筋肉痛、腰痛、神経痛などの痛みの鎮静にも有効的です。低血圧でお困りの方にも血圧を正常に戻す働きがあるとされています。

肌(皮膚)への主な作用

肌のむくみや炎症を改善。フケを抑え、毛髪の成長を促します。脂性肌の改善に効果があります。抗菌、収れん作用もあり、ニキビや吹き出物の予防・改善に役立ちます。また、消臭作用によりデオドラント(消臭)に利用できます。

注意事項

刺激が強く敏感肌、妊婦さん、高血圧の方、てんかん症状のある方は使用しないで下さい。その症状を刺激します。覚せい作用があるので夜の使用は眠れなくなるため使用を避けてください。