レモン

強い消毒作用のあるレモンは、マラリアが流行したときも活用されたそうです。レモンの爽やかな香りが気分のリフレッシュになったり、集中力を高める他、免疫力を高め感染症の予防にも有効的と言われています。


学術名 Citrus limon
科名 ミカン科
主となる産地 アメリカ、イスラエル、アルゼンチン
抽出部位 果皮
抽出方法 圧搾法・水蒸気蒸留法
BF 4~5
ノート トップ

香り成分

モノテルペン炭化水素類

dリモネン(60%~)
α-ピネン(~3%)
β-ピネン(10~15%)
γ-テルピネン(5~15%)

アルデヒド類 シトラール(微量)

主要成分リモネンがほぼ全体を占めているのでリラクゼーションに適しています。


作用・効能

心への主な作用

沖や興奮により気分のコントロールができなくなった時に、興奮を鎮め気持ちを落ち着けることができます。また、冷静になりたい時や判断力が必要な時に力を与えてくれる精油です。

身体への主な作用

血行促進のあるレモンは血圧降下や貧血を緩和させる作用があります。冷え性の改善にも役立つ精油です。風邪、インフルエンザなどの感染症にも有効的で、抗ウィルス作用もあります。

肌(皮膚)への主な効能

殺菌、消毒作用や止血作用があるので切り傷や擦り傷など消毒液としてクリームやオイルに希釈して塗るととても役立ちます。

注意事項

刺激が強いので、敏感肌の方は使用を控えて下さい。使用直後は、直射日光を避けて下さい。